BLOG

ブログ

私の人生ストーリー(美容師どん底編)

こんにちは!THE ONEブログを読んで下さり、ありがとうございます

今回は私の美容師人生ストーリーをご紹介します

▼今回の記事はこんな方に読んでいただきたいです

☑ 本来の自分を発揮できていない方
☑ サロン集客や経営に行き詰まっている方
☑ 悔しいという想いがあるけど何をして良いか分からない

もし当てはまるものがない方は、スルーして読み飛ばしてくださいね!

私自身今でこそ、


●客単価1万8千円
●常時予約4ヶ月待ち(新規集客はストップ)
●完全週休2日制(日・祝含む)・年4回5連休取得

といった美容サロンの経営

そして
●美容師様向けの技術講習
●美容サロン様向けの経営コンサル
●SNSを使った最先端の集客講座の講師

などとして活動していますが

実は最初からこうだったわけではありません。

 

 

私は秋田県出身ですが

美容師になることを決めて
親の反対を押し切り、一流の美容師を目指して

全国から志の高い人たちが集結してくる東京の美容学校で学びました

卒業後は地方から東京に出店して成功している長野県の老舗美容室に入社

(当時は、地方から東京に出店して成功している美容室は珍しく
特にその長野県の美容室は教育システムが整っていました)

実力次第で最短でスタイリストになれるところに魅力を感じて
早くスタイリストになりたいという一心で入社しました

会社のサポートもあり

当時平均で2~3年でスタイリストデビューになるという基準を
先輩を越えるスピードの1年10ヶ月でスタイリストになることが出来ました!

スタイリストになってからは
『いつかは自分でお店をオープンしたい』という想いが強くなり

根を張ってやるんだったら
地元秋田でやろうと意思を固め

慣れ親しんだ長野の美容室を退社し秋田の美容室に入社

秋田の会社に入社後は、順調に美容師として活動し
そのお店の店長さん(現在の妻)と縁があり、結婚し子供にも恵まれました

そこまでは好きな美容師もできて
家族もできて充実した美容師人生を過ごしていましたが…

 

 

ここからが私の転落人生の始まりでした

 

 

当時の私は売上が低く
売れっ子店長だった妻との収入の格差が明確に出ていました

周りからは比べられ『私はヒモなのか・・・』

と悩むことが多くなり

ついに体にも症状が出始めました


仕事に行けなくなるぐらいのダルさや目眩

貧血っぽくなる症状

さらには落ち込むことも増え

鬱状態

円形脱毛症も経験

正直
その当時の記憶はあまりありません

ただ辛かった…それだけです

思い出したくもない過去ですが

『今』を創る重要なヒントが隠されていました!

ここを乗り越えたからこそ、今がある

どうやって、どん底から這い上がったのか?

続きのストーリーはまた別の機会に!

少しでも共感することや同じようなお悩みがある方は

気軽にメッセージや相談くださいね

(個別で対応させていただくので、誰かに開示されることもありませんのでご安心ください)

友だち追加

関連記事一覧